ブログ

騎士団長殺し

自分を100個褒める

書いたひとつに

村上春樹を理解できる

って書いたら、意外に反応があってw
でも、ちょうど新作が出ていて読み終えたので…

ちなみに、私が村上春樹を好きなのは、

目に見えない出来事もつながっている

という所。

物語って何かきっかけがあって
前に進んでいくんだけど、
村上春樹の小説は、一見つながっていなさそうな事や、
現実的には何もおこっていない事も
例えば、夢を見た、とか。
本当は現実としては起こってないかもしれないけど、
もしかしたら想像でしかないかもしれないけど、
それを思いついたから、次に進んでいく…

そんな所が好きです。

そして、その考えがとっても納得できるし、
その言葉にならないその感覚が自分と似てて(笑
読んでいると落ち着く

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

今回の騎士団長殺しは、主人公が絵描きで
絵描きではあるけど、肖像画家で、
アーティストではない。

なんか、そんなとこがちょっと親近感持てました。

村上春樹の小説って、
非現実的な事が起こるんだけど、
なんかそれが逆に現実っぽくて…

今回のは、久々特に第2部は時間を忘れて読みふけっちゃいました。

 

Leave a comment

You Might Also Like